釣責め


釣責め
『 徳川幕府刑事図譜 』 より


     釣責めとは

 江戸時代の公式な拷問の四番目。牢屋敷内の拷問蔵でおこなわれた。
 上半身を裸にした上で、両腕を背で重ね、紙と藁を巻いた上から縛る。
 さらに余りの縄を胸に回して縛る。
 これを梁の環を通した縄で宙に吊した。
 足先は地面から三寸六分(約11センチ)ほど浮いたという。


     釣責め・体験

 江戸時代で最も過酷な拷問とされた釣責めを、信乃も受けることになりました。
 手首を背中で括られ、胸の上下に縄を掛けられます。
 両足をばたつかせぬよう、足首も縄で縛られます。
 そして、背の縄にチェーンブロックのフックが掛けられ、ゆるりと釣り上げられてゆきます。
 爪先が床から離れた刹那、「くああッ!」と呻きが漏れます。
 縄が身体に食い込んできます。一番辛いのは手首。そして二の腕、胸。
 身じろぎするたびに、身体が揺れます。
 ……たまらない陶酔感。

釣責め

 笞が尻に当てられた。
「ああッ!」
 頭を仰け反らせ、悲声を上げる。
 二発、三発、四発。必死に耐えるが、徐々に悲鳴が大きくなってゆく。
 五発、六発。悲鳴と悲鳴の間に、喘ぎ声が混じる。
 七発目を打たれ、悲鳴は叫びに変わった。
「ああぁーーッ!ぐあッ、はあッ、あぁ……」
 身体が揺すられ、視界が回った。回されながら、さらに笞打たれる。
 十発目を打たれ、ついに信乃は泣き始める。
 そして、もう一発笞が当てられ、信乃は折れた。
「お許しください……お許しください」


その後……


戻る