拷問ゴッコと事故



 釣責めから下ろされた後、右腕に激しい痺れがありました。
 特に手首には、縄が食い込んだ痕がくっきり残っていました。
 しばらくすると、血行の回復とともに、痺れそのものはなくなりましたが、右手首から先が動きません。
 感覚はあるのですが、手首から先はだらんと垂れたまま、動かすことができないのです。
 十分ほど、お湯で温めたり、マッサージしても回復しません。
 ちょっと焦ります。
 左手でパソコンのキーボードを叩いて、「手首 動かない」で検索します。
 すると、すぐに「橈骨神経麻痺」とわかりました。

・二の腕などの圧迫によって、神経が損傷。
・回復にはおよそ一ヶ月ほどかかる。
・救急処置は必要ない。

 ここで少し安心しました。
 医者に掛かって、ビタミンB12(メチコバール)を処方してもらえば、神経の修復速度が早まるとのことですが、なかなか理由も説明しづらいので、とりあえず自然回復で様子を見ることにします。

当日:マウスが握れない
3日目:マウスを握って動かせるようになる。クリックやホイール操作はできない
7日目:ペンで字が書けるようになる(ただし左手レベル)
    箸が持てるようになる(先端の開閉はできない)
11日目:時間をかければ普通に字が書けるようになる
    マウスのホイールが回せるようになる
15日目:じゃんけんのチョキが出せるようになる
25日目:タイピングが普通にできるようになる
    じゃんけんのパーが出せるようになる

 毎日毎日、少しずつ動かせるようになってゆくのが実感できました。
 そして、回復には確かに一ヶ月掛かりました。

    *

 緊縛などのSMプレイによって、神経損傷の事故が起きることは、知識としては知っていました。しかし、余程の無茶をしなければ大丈夫だろうと、あなどっていました。
 釣責めは、かなり無茶な部類に入ります。この程度の怪我で済んで、幸いであったと思います。
 拷問プレイをお楽しみの皆様は、くれぐれもお気を付けくださいませ。

 参考サイト:SMと事故 http://kazumi.kir.jp/jiko.html



戻る