海老責め


海老責め
『 拷問実記 』 より


     海老責めとは

 あぐらをかいた両足首と顎が密着するまで身体を折り曲げて縛る拷問。
 両手を後ろ手に縛り、あぐらをかかせた両足首を括る。縄を臑から肩・背に掛け、足首と顎が、肩と膝が密着するまで引き絞る。
 半時(約1時間)も放置すれば、全身が鬱血して真っ赤になり、脂汗が吹き出るという。さらに続ければ、紫から蒼色になり、やがて死に至る。
 より苦しめる為には、箒尻で叩いたり、重石を身体に載せたりした
 火付盗賊改役宅では、石抱きに用いる十露盤板の上に女囚を載せ、さらに身体に石を積む「石抱き海老責め」もおこなわれた記録がある。

 江戸時代における公式な拷問であり、牢屋敷の拷問蔵でおこなわれた。
 笞打ち、石抱きでも白状しない被疑者が、この責めに掛けられた。
 天和三年(1683)に火付盗賊改の中山勘解由が考案したとされる。

海老責め


     海老責め・体験

 まず胡座をかいた上で両足首を縛ります。
 背中から両肩を通して身体の前に出した縄を、足首に通して思い切り引き寄せます。
 顎と足首がくっつくまで上体が折り曲げられ、息が苦しくなります。
 注意すべき点として、首の周りには絶対に縄を掛けてはいけません。首に縄を掛けて足首と結ぶような縛り方は駄目です。

 最初は余裕で構えていましたが、身体を縛り固められて身動きできない状態は、思いのほか辛いものでした。
 5分もすると全身汗まみれになり、呻き声が漏れるようになります。
 10分を耐えるのは難しく、20分も放置されたら何もかも白状してしまうでしょう。
 この拷問は、見た目以上に厳しいものです。

海老責め

戻る