高山陣屋




 飛騨高山の『高山陣屋』に行ってきました。
 高山陣屋は、江戸幕府に飛騨地方の郡代所であったところ。
 ここのお白洲には、石抱きの責め台、抱き石、箒尻、囚人籠などが展示してあるということなので、一度は訪れてみたいと思っていました。
 展示物はおそらく模造品と思われますが、なかなかよい雰囲気がでています。
 責め台の角材は八本並んでいます。抱き石は、一枚四〇キロとのこと。
 江戸時代、実際にこの場所で吟味がおこなわれていたことを思うと、なんとも胸が高鳴ります。

 奥の資料展示室には、一揆の記録などがありました。捕らえられた農民が、厳しく詮議されたこともあったでしょう。首謀者と思しき名主の、一人娘が捕らわれ、激しい拷問に掛けられた……なんて空想にひたります。


 その夜私は、高山の陣屋でお取り調べを受ける女囚になりました。
 目を閉じると、お白洲の様子が思い浮かびます。
 私は、三〇分の木馬責め、四〇分の石抱きにも屈することなく、仲間たちの秘密を守り抜いたのです。



戻る