女牢の陥穽



 信乃は火盗改より密命を受け、とある女囚に接触するため女牢へと潜入した。
 だが、牢内の言行を見咎められ、牢役人に疑念を持たれてしまう。

拷問,女囚

「お信乃、出ろ!」
 格子戸を出た信乃は、下男の手で縄を掛けられた。
 信乃は怪訝に思った。
 お取り調べを受けるような話は聞いていない。そもそも、吟味の呼び出しは朝におこなわれる決まりだった。
 一抹の不安にかられる信乃が引き入れられたのは、吟味をおこなう詮議所ではなく、拷問蔵であった。

 鍵役は信乃を見下ろし、薄笑いを浮かべて言った。
「お前、牢内でなにやら嗅ぎまわっているそうじゃないか」
「は、はい?」
 きょとんとした表情を咄嗟に取り繕ったが、信乃は内心で激しく動揺していた。
「誰に頼まれた? 何を調べている?」
「なんのことでございましょう。あたしは、そんな……」
「ふん、シラを切るか。まあいい、身体に聞けばわかることだ」
 何故バレたのだろうか。いったい、どこまで知られているのだろうか。
 そんな信乃の焦りをよそに、下男たちが動き始めた。
 信乃は両脇を抱えられ、引きずられるようにして十露盤板の上へと連れられた。
 尖った木材が五本並んだ責め具である。
 素足で踏むだけで痛みを感じるその上に、正座を強要された。
 囚衣の裾を捲られ、脛に十露盤の角が当たる。
「あっ、痛っ……」
 反射的に立ち上がろうとするが、後ろ手の縄を掴まれで引き戻される。
 そして、下男が二人がかりで運んできた平たい重石が、信乃の太腿の上に下ろされた。
「きゃ! あああっ!」
 およそ十三貫、信乃の目方にも等しい重石が膝の上に乗せられた。
 脛の痛みは耐え難いものとなり、信乃は悲鳴をあげた。
 さらに、下男たちが次の重石を運んでくるのが見える。
 乾いた音を立てて、二枚目の石が重ねられる。
「ううぅぅぅぅっ!」
 下肢がじんじんと痺れる。特に、一番手前の突起に当たった足の甲が激しく痛んだ。
 歯を食いしばって信乃は耐えた。自然と涙が溢れてくる。

石抱き

「おめえ、何者だ? 何を探りに来た?」
「あたしは、そんなんじゃ……何かの、間違いです、ぎゃああああっ!」
 鍵役が抱き石を揺さぶったのだ。
「そうかい? よく思い出しな」
 石に足を掛けて、さらに激しく揺さぶった。
 声の限りに、信乃は絶叫していた。
 髪が振り乱され、汗粒が飛び散った。涙で視界が霞み、意識も遠くなる頃、ようやく重石の揺れが収まった。
 石の上には、飛び散った涎や汗が点々と染みをつくっていた。
「はあっ、はああっ」
 身体も性根も鍛えられている信乃にとっても、それは耐え難い拷問であった。並の町娘などに、とても耐えられるものではないと思った。

石抱き

 鍵役が箒尻を手に取った。信乃の目の前で、ブンと空振りしてみせる。
 恐怖に引きつる信乃の顔を満足そうに見遣り、信乃の背後へと回る。
 バシッ!
「くああっ!」
 竹の笞が背中に振り下ろされた。
 囚衣の上からではあったが、重たい衝撃に信乃は啼いた。
 続けざまに、肩や背を箒尻で打たれる。
「がっ……ああっ……うああっ!」
 笞の痛みに身体をよじると、膝上の重石が揺れて更なる苦痛に苛まされる。
 芝居などではなく、本当に信乃は悲鳴をあげ続けていた。
 喉が嗄れ、頭の中が真っ白になり、ぼやけた視界が紅く染まる頃、ようやく嵐のような笞打ちが止んだ。
 脛の痛みは幾分和らぎ、悲鳴は呻き声へと変わった。
 だが決して、責めの手が緩められたわけではなかった。

石抱き

「まだ足りぬようだな」
 鍵役は笞で指し示して、下男たちに指示を出した。
 さらにもう一枚の重石が運ばれてくる。
「……!」
 ゴツリと音を立てて、三枚目の重石が積まれる。
 信乃の呻き声が途絶えた。
 まともに息をすることすらできなくなり、ただ口をぱくぱくさせていた。
「吐け、牢内で何を企んでおる!」
「おゆるし、ください、どうか……ああっ」
 かすれた声が、唇から漏れ出た。
「しぶとい女だ。それ」
 下男たちが両脇から重石に手を掛け、揺さぶった。
 左右に、前後に重石が揺れ動き、信乃の苦痛は限界に達した。
「う……ぁ……」
 やがて、意識が遠くなった。

  *

 再び拷問蔵に拘引された信乃は、引き出された木馬を見て、息を呑んだ。
 まさか!
 鍵役がにやりと笑い、木馬の背に手を当てた。
「こいつに跨ると、どうなると思う? おめえの大事なところが、大変なことになるんだぜ」
「い、いや……そんな……」
 背中に結ばれた縄が引かれ、梁から吊り上げられた。二人の下男が、信乃の両足を抱え上げ、木馬の上へゆっくりと降ろしてゆく。

三角木馬

「あっ、ああっ!」
 信乃は、町娘のように泣き叫んだ。下手に耐え忍んで、勘ぐられてもつまらない。
 両足首に縄を掛けられ、木馬の下で繋がれた。そして縄の真ん中に、三貫目の重石を吊り下げられた。
 股間の痛みが一気に高まり、耐え難いものになった。
「うっ、ぐあぁっ!」
「言え! 何をさぐっていた」
「な、何かの間違えです。あたしは決して、そのような……きゃあんっっ!」
 鍵役が信乃の腰を掴み、揺さぶったのだ。木馬の背に秘部をえぐられ、信乃は演技でなく本当に泣き叫んだ。
「ひいぃっ! く、うあああっ!」
 信乃は髪を振り乱し、涙を流した。
 鍵役は執拗に、信乃をいたぶり続けた。前後に、そして腰をひねるように揺さぶられた。
 喉がかれるほど叫びつづけ、意識が遠くなるのを感じる頃、ようやく鍵役が手を止めた。信乃は激しく息をつき、あえいだ。
 全身から汗が吹き出し、灰色の囚衣はぐっしょりと濡れていた。

木馬責め

 涙でぼやけた視界に、鍵役の姿が映った。
「誰に頼まれた? 素直に話せば、降ろしてやるぞ」
 信乃は懸命に呼吸を落ち着かせ、呻き混じりの声で懇願した。
「お、おゆるしください……ううっ、なにかのまちがえです、あたしは、そんな……ああぁっ」
「そうかい、まあゆっくりと考えるといい」
 鍵役は、下男になにやら耳打ちすると、蔵から出ていった。
 拷問蔵には、二人の下男と、木馬に跨る信乃が残された。
「お願いです、後生ですから、降ろしてください」
 信乃の哀願にも下男たちは答えず、首を横に振るだけであった。



戻る