笞打ち


笞打ち
『 図説 江戸町奉行所事典 』 笹間良彦著 柏書房 より

     笞打ちとは

 竹製の棒などで打ち叩く拷問。
 弓折れ、馬鞭、ささらなどを用いる場合もあるが、江戸時代の公的な拷問・刑罰では箒尻が使われた。
 箒尻は「長さ一尺九寸(60センチ弱)、回り三寸(9センチ)ほどの真竹を二つに割り合わせて麻で包み、観世捻(紙ひも)にて巻き固める。握りの部分は白革を巻く」とある。
 また別の文献では、「数十本のひご竹を麻で包み、観世捻で巻き固めたもの」ともある。


上田市立博物館収蔵 箒尻

 拷問の際は、まず被疑者の上半身を裸体にする。
 太い麻縄で両手首を後ろで縛り、肩のあたりまで引き上げ締め上げる。
 その縄尻を前後に分けて下男二人が引っ張り、身動きできぬように押さえつける。
 そして、骨を避けて肩から背にかけて打ち続ける。
 打役は二人で交互に打つ場合もあった。
 2〜30回も打つと皮肉が破れ血が流れ、150回ほど打っても白状しない場合は、拷問を中止したという。


     笞の製作

 史料を参考にして、笞を作ってみました。
 写真上は、竹ひごを36本束ね、太さ3ミリの麻ひもで巻いたもの。
 下は、箒の柄を麻の園芸テープで包み、太さ3ミリの麻ひもで巻いたもの。
 巻き巻きするのに、結構手間がかかりますね、これ(笑)

 長さ一尺九寸(60センチ弱)というのは、実際手にしてみると結構短い感じですが、狙った場所を正確に打つにはこの程度の長さが良いのでしょう。
 重さは、竹ひご製が250グラム、竹箒製が200グラムほどです。



 試しに太股を打ってみます。
 ジーンとくる重たい衝撃、思わず漏れ出る呻き声、そして赤く腫れた肌。
 打役になったつもりで、渾身の力を込めて打ちます。
 皮下出血して、太股が青痣で埋め尽くされるまで、手加減せずに打ち続けます。
 当たり前ですが、泣き叫ぶほどの激痛です。
 打ち損なって骨に当たると「まずい」痛みが走ります。江戸時代の拷問・刑罰は不具にすることが目的ではないので、骨を避けて打ったのでしょうが、なかなか人道的な判断です。拷問ゴッコでも、絶対に骨を打ってはいけません。



     敲き刑

 江戸時代、笞打ちは拷問だけではなく、「敲き」という刑罰としてもおこなわれた。
 牢屋門前に蓆を敷き、裸の罪人を腹這いにさせて四肢を広げて押さえつける。
 そして、背骨を避けて、肩・背中・尻を箒尻で打つ。
 回数は五十の敲きと、百回の重敲きがあった。
 江戸では庶民の男性だけに科される刑罰であったが、津軽藩や相馬藩では女性に対してもおこなわれた記録がある。


     敲き・体験

 信乃は無実の罪で、重敲(百敲き)の刑に処せられることになりました。
 打役はパートナーさまにお願いいたしましたが、両手両足を押さえつける下男はいません。
 また、打った数を数える数役は受刑者たる私自身です。

 まずひと打ち。箒尻が背中に振り下ろされました。私は悲鳴を上げてのたうち回った後、息を落ち着けて「ひとつ」と数えます。
 打役さまは、骨を避けて、背中・尻・太股を打ち据えます。特につらいのは、脇腹を打たれた時でした。
 ようやく半分の五十を数えたところで、一旦休息を入れて頂きます。


 休みの後の後半は、前半とは比べられないほどつらいものでした。
 それまでの打擲で真っ赤に腫れた箇所に、さらに笞が打ち下ろされます。
 60回を超えたあたりで、頭の中が真っ白になり、いくつまで数えたのかわからなくなってしまいました。
 それ以降は指折り数えながら笞打たれていましたが、どうにも耐えられなくなり、75回と85回の時に一時中断を請いました。
 そして最後、残り15回の笞を受ける覚悟を決めたのですが……
 一打ちごとに発せられる悲鳴は絶叫にかわり、打数を数える指を折ることすら難しくなった頃、ようやく百回の笞打刑が終わりました。

 あらかじめ百回という数が決まっていて、あと何回という計算ができるからこそ耐えられたのだと思います。
 そうでなければ、おそらく百回未満のどこかで心が折れていたでしょう。


 打役さまに御礼申し上げます。
「おありがとうございます」


戻る