石抱き


石抱き


     石抱きとは

 三角形の木を五本並べた上に正座させ、膝の上に重石を積み上げる拷問。
 台は十露盤板といい、幅三寸五分(約10センチ)、高さ二寸(約6センチ)の三角柱を五本並べたもの。
 責め石は、横幅三尺(約90センチ)、縦幅一尺(約30センチ)、厚さ三寸(約9センチ)の伊豆石で、一枚あたり一三貫(約50kg)のもの。
 被疑者を後ろ手に縛り、十露盤板に正座させ、背後の柱(泣き柱)に上体を縛り付ける。
 着物を捲り上げて臑を露わにして、太股の上に石を積み重ねてゆく。
 さらに苦しめるには、石を揺さぶって責め立てた。


石抱き


     石抱き・体験

 時代劇ではお馴染み、石抱きの拷問に掛けられた女囚の気分を味わってみます。

 三角の角材を五本並べて、十露盤板を作りました。
『刑罪大秘録』によれば「すこし角を落として」とあるので、ほんの少しだけカンナで削ってあります。
 重石は、御影石やコンクリート板をホームセンターで購入しました。一枚あたりの重さは約25kgなので、実際に使われた伊豆石の半分ほどになります。横幅は三分の二です。

 まずは十露盤板の上に正座します。この時の座り方によって痛みがかなり変わるのですが、そのことは当時の囚人たちも承知していたようです。
 そして重石が一枚、二枚と太股の上に載せられていきます。
 初めの数分間は、思わず呻いてしまうほどの苦痛です。
 しかし足が痺れてくると、痛みは幾分やわらぎます。
 十分ほど経つと、脈が早くなり、息が苦しくなってきました。
 臑の痛みよりも、下腿への圧迫感がとても辛く感じます。
 鼻先や顎先から滴る汗と、唇からこぼれた涎が、責め石の上に点々と跡を残してゆきます。
 少しでも石が揺れると、堪え切れぬ呻き声が漏れ出てしまいます。
 本気で石を揺さぶられたら、泣き叫んでしまうことでしょう。
 重さ50kg程度の石抱きでも、30分を我慢するにはかなりの根性が必要です。
 伊豆石二枚分、100kgの重石を抱かされたら、無実の罪でも認めてしまうでしょう。自白したら最後、処刑されてしまうことが分かっていたとしても。

 石抱きの拷問では、太股の上から重石が除けられた後も、すぐに楽にはなれません。
 十露盤板の上から身体を降ろされる時、臑に食い込んだ角材の突起が剥がれる刹那、間違えなく悲鳴を上げてしまうことでしょう。
 また、痺れた足に血行が回復してゆく過程も辛く、その時に足を蹴飛ばされたりしたら泣いてしまうこと請け合いです。

 拷問ゴッコでは、余力を残した状態で止めるようにしています。石抱きの後も、十分もすれば立って歩けるようになりますし、足の痺れは数時間で、臑の傷は一日で消えてしまいます。


石抱き


戻る