伝馬町牢屋敷



 江戸時代の牢獄・伝馬町牢屋敷は、今の東京都中央区日本橋小伝馬町にありました。
 地下鉄日比谷線・小伝馬町駅を降りてすぐの一角です。
 現在の地図に、牢屋敷の平面図を重ね合わせてみましょう。

(図版クリックで拡大)

伝馬町牢屋敷


 牢屋敷の表門は、中央区の多目的施設「十思スクエア」正面玄関の付近です。
 この門前では、敲き刑もおこなわれました。




 なお、十思スクエアの入口ホールには、牢屋敷の模型が展示されています。

伝馬町牢屋敷


 穿鑿所の白州があったのは、この道路の辺りです。
 笞打ちと、石抱きの牢問がおこなわれた場所です。




 拷問蔵は、十思スクエアの中庭、エアコン室外機の辺りにあったと思われます。
 海老責めと、釣責めの拷問がおこなわれた場所です。




 女牢として使われた西口揚屋があったのは、十思公園の入口門の辺りでしょうか。

十思公園


 旗本以上の武士や僧侶が入牢した揚座敷、そして百姓牢があった一角は、今は十思公園になっています。
 公園の片隅には、吉田松陰先生終焉之地の碑があります。

十思公園


 牢屋敷跡から発掘された石垣を見ることもできます。
 この建物「十思スクエア別館」の二階には、なんと銭湯「十思湯」があります。
 
牢屋敷


 処刑場の跡地には「大安楽寺」が建てられ、刑死者の慰霊のため「延命地蔵尊」が祀られています。

牢屋敷



戻る